【無人島で初詣!?】昔、猿島ぜんぶが神社だったから実は超縁起が良い件。

現在は土日祝日のみ運航で“プチ冬眠”中の猿島。

 

そんな無人島ですが、この年末年始は12月30日(土)~1月3日(水)まで5日間連続で特別運航いたします!

 

年末年始、極寒(←かもしれない)の無人島で1年を振り返る&新しい年の計画を練る・・・なんていかがでしょうか。

 

というのも!!

 

無人島・猿島は今でこそ観光地ですが、昔は【神秘の島】として崇められていました。

しかも明治17(1884)年までは「春日(かすが)神社」という神社があったことから、地元の人はもちろん、特に漁師さんの間では海の安全祈願や豊漁、家内安全を願う信仰の対象だったのです!

現在の春日神社(神奈川県神社庁Webサイトより)

 

現在は京急堀ノ内駅から徒歩10分ほどの「三春町」に移転している春日神社の縁起によると、

 

猿島に鎮座し、猿島他小島九ツを合せ(中略) 十嶋大明神(とじまだいみょうじん)とも称され”

ていたとか。

 

確かに船に乗ると、猿島の周囲にはいくつかの岩場(=小島)があります。

それが9個+猿島で計10の島=「十嶋」なのですね!

 

しかも同縁起によると、

 

猿島全島を境内とし、(中略)朝夕参拝する氏子の為に古来より現在地(※三春町)に遥拝の為の社があった。向きは今とは全く反対で、拝殿より猿島に向って拝するという世に稀な社であった。

 

・・・つまり、猿島全体が神社になっていて、それを拝むために対岸の地に拝殿があったと!!

昔の人は、猿島にいる神様にいろいろと願いを込めていたのですね(今は神社から猿島は見えません)。

何ともスゴい神社なのですっ!!

 

一説によると、猿島ビーチの近くにある“謎の広場”のあたりに小さな社があったとか。

 

島の奥の「オイモノ鼻」から見るとこのへん↓

で、“謎の広場”のこのあたりにあったという説が↓

 

むむむなるほど・・・

ということは・・・・

 

猿島って、お参りにピッタリ!!(←これマジ)

 

こんな夕日↑ を見て今年のお参り納めをするも良し、またお正月は家族そろって猿島→春日神社と“海を渡って初詣のハシゴ”に行くも良し!

 

何とも縁起の良い場所で、【無人島初詣】なんていかがでしょうか?

 

船で10分で行けて、しかも混んでない(けど寒い!)島 ─── 来年の初詣は猿島がアツいっ!!

 

 

■12月30日(土)~1月3日(水)は5日連続特別運航!の猿島航路についてはこちら↓

https://www.tryangle-web.com/sarushima/info.html

 

■由緒書に思わず見入ってしまう春日神社のWebサイトはこちら(地図あり!)↓

http://kanagawa-jinja.or.jp/search_dtl.php4?jid=447&cd=1205060&scd=&npg=20

 

■【8000年の歴史が眠る神秘の島】 マンガで分かる! 超ざっくり振り返る「無人島・猿島」の歴史 はこちら↓

http://sarushima.jp/sarutopi/2528.html