閉じる

猿島

探検ツアー

猿島エコステーションがついに完成しました【ワケケとケルルで6分別】

無人島・猿島

猿島SDGsのシンボルステーション「猿島エコステーション」が、ついに完成しました!
猿島管理棟のすぐそばのウッド調のオシャレな建物がそれです。

思えば、建設はとても大変でした・・・。
猿島は全体が文化財なので、何かを建てるには文化庁などに申請を出し、建設計画を審査して・・・と手順がいろいろ。
それに加えてコロナ禍でウッドショックなどもあり、足掛け1年くらいかかってしまいました。

そしてクラウドファンディングでもたくさんの方に応援いただき、ついに完成にこぎつけることができました!

ご支援いただきました皆さま、本当にありがとうございました。


■猿島で捨てるゴミは【6分別】に!

さてさて、ついに完成したエコステーションですが、これから猿島でゴミを捨てる場合は6分別になります!
捨て方はちょっと複雑・・・そう、猿島でのゴミ捨ては“ゴミと資源を考える”ことからスタートします。

【猿島での6分別とは?】

(1)まず、お持ちのゴミが「資源か資源でないか?」を考えます。

(2)資源でないゴミは「燃せるゴミ」にIN!(食べ物や飲み物の残り汁や割り箸を分別してくださいね!)

(3)資源は「プラスチック」「ペットボトル」「アルミ缶」「スチール缶」「ビン」に分けてIN!

ビンと缶は別々に。
ペットボトルはなるべくフタを取ってラベルをはがした方が、再利用時に資源としての価値がアップします。
そして、スチール缶とアルミ缶はそれぞれ貴重な資源なので厳密に分けたいもの。でもその違いって何!?

・・・などと考えながら、どうか分別を楽しんでいただければと思います。

よくよく見ると、上の部分が資源の形になっている!!


■“ワケケとケルル”がお出迎え!

猿島エコステーションの入口では、新キャラクターがお出迎え。

おおっ、屋根を見るとこんなところにも・・・

ゴミの分別に詳しいワケケと、知りたがりののケルルが皆さまの分別をちょっとだけナビゲートします!

いよいよ姿を現した猿島エコステーション。
無人島で出たごみはなるべく持って帰っていただきたいところですが・・・
もし捨てる際にはひとりで、親子で、友だちと・・・資源やSDGsを考えながら、ぜひチャレンジしてみてくださいね!


■BBQで出たゴミは別の場所へ!

 

ちなみに猿島のBBQで出たゴミは、お渡しした袋で分別していただきます。
こちらは3分別ですが、それぞれの袋を「BBQゴミ専用置場」にお持ちください。

BBQで出たゴミもいつか6分別にしたい・・・

 

皆さまのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします!

TOP