あたらしい猿島が、動き出す── 2025年、猿島航路再開30周年。

あたらしい船タイムライン

新着記事一覧

  • いよいよカタチになってきました!

    • 新造船PROJECT

    2024.01.31

    昨年10月半ばから始まった【あたらしい船づくり】が、今月(1月)で3か月経過しました。
    4月から猿島航路を担うことになりますので、ちょうど折り返しとなります。

    そして、前回の記事でもご紹介した通り、あたらしい船の名前が「NEW KUROFUNE(ニュークロフネ)」に決定したりと、就航に向け着々と進んでいます!

    さて、そんな「NEW KUROFUNE」現在の建造状況は・・・

    !!

    今まで分かれていた「左舷(さげん)」と「右舷(うげん)」が繋がり、船体部が完成しているではありませんか!
    いよいよ船の〝カタチ〟になってきたなぁ。

    1階の床部分まで完成しているので、これから1階を、終わり次第2階の建造に進んでいきます。

    完成後の「NEW KUROFUNE」の大きさは、当社船舶の「Sea Friend8(SF8)」より少し小さく、現在の猿島航路船舶「Sea Friend ZERO(SF0)」よりは少し大きいという中間に位置する大きさです。
    ちなみに、SF0より定員も少し増えます。

    今後、猿島航路をメインは「NEW KUROFUNE」で運航していき、整備等の場合には、SF8やSF0を使用し、合計3隻の船で皆さまをお迎えいたします!

    ふと、ここで思うことが。
    当社船舶の中で1番長い歴史を持つ「Sea Friend1(SF1)」は??
    SF1に代わるあたらしい船として「NEW KUROFUNE」を建造したわけですが、実はSF1は今後大きな展開を迎えます。

    それについても時が来たら発表しますので、あたらしい船の情報と共にふるい船の情報もお見逃しなく・・・!

  • 〝船名〟が決定!さらに皆さんから集まったモノが形に!?

    • 新造船PROJECT

    2024.01.20

    お正月、あたらしい船の名前が発表になりました。

    募集した20日間で届いたのは、667通
    横須賀市内外から、たくさんの方にご応募いただき、ありがとうございました。

    YouTube「TRYANGLE TV」のMEGURUらじお 〜2024新春スペシャル〜では新年らしく書初めでお披露目!

    気になるその名前は?

    「NEW KUROFUNE(ニュー クロフネ)」です!

    命名してくださったのは「ベースの中の人」さん。
    黒の外観からインスピレーションを得て、〝新時代の黒船〟を横須賀の新たな観光名物にしたいという想いが込められています。

    猿島はペリー艦隊(黒船)によって、ペリーアイランドと名付けられたというゆかりもあったり・・・
    <猿島のいろんなゆかりは【8000年の歴史が眠る神秘の島】 マンガで分かる! 超ざっくり振り返る「無人島・猿島」の歴史をチェック>

    黒船が開国を導いたように、猿島を〝新時代〟に導く、この名前が選定されました!

    そしてこの船にはもう1つ、横須賀市内の皆さんから集まったモノが使われます!

    それは・・・
    たくさんのアルミ缶!

    こちらは猿島エコステーションで、来島した皆さんから集まったモノ。
    色とりどりのアルミ缶を袋から出して数えてみると、211個
    いつも分別ありがとうございます!

    ちなみにスチール缶とアルミ缶は、リサイクルマークを見る以外にも、磁石を使って分別できます。
    磁石にくっつかないのがアルミ缶です!!

    横須賀市内の皆さんから集まったアルミ缶が向かった先は、リサイクルプラザ「アイクル」

    機械でギューギューに押しつぶされてキューブみたいになっていますね!

    このあとは・・・

    溶かす→金塊みたいな形にする→また溶かす→完成用の型(かた)に流し込む
    とたくさんの道のりが待ち受けます!

    このアルミ缶が使われるのが「NEW KUROFUNE」の船体の一部。
    さて、どこに使うのでしょう?

    な・ん・と


    船体に取り付ける〝オブジェ〟に生まれ変わります!!

    気になるデザインの公開は・・・もうしばらくお待ちください!ご期待を!

    アルミ缶再生のくわしい情報は、YouTube「TRYANGLE TV」で解説しています。
    【検証】猿島で分別された「アルミ缶」の数を数えてみよう!!【かいりと太陽】
    【初潜入】アルミ缶はどのようにリサイクルされるの!?【猿島新造船プロジェクト】

    こちらもぜひチェックしてみてください。ではまた!